Miyabi BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 


今週土曜(12/24)、CHAOS @ Eleven!

いよいよ今週土曜(12/24)、CHAOS @ Eleven!
僕は2:30-5:00でB1FにてDJしてます~。

豪華出演者、クリスマスイヴ & 年末ということで、
とても貴重な一夜となりますので、ぜひ、踊り来て下さい。

リストアップ受付中です、来れそうな方は連絡下さい。

schedule_image_597.jpg

■ CHAOS ■

12/24 (Sat) @ Eleven (Nishi-Azabu)
Open: 22:00-ALL
Fee : 3500yen/3000yen (with flyer)

DJ :
Fumiya Tanaka
Rhadoo

Live : PORTABLE

Lounge DJ :
dj masda (CABARET/toboggan)
Miyabi (PLUS)
Taro (op.disc)

Party info : http://go-to-eleven.com/schedule/detail/480/2011/12

------------------------------
Fumiya Tanaka :
自らのセルフレーベルである[TOREMA RECORDS]および[Sundance]、半野喜弘(RADIQ)と共同で主宰する[op.disc]、そして東京・大阪で10年以上に渡りオーガナイズするレギュラーパーティCHAOSを活動の基盤としながら、自由な独創性に満ちた音楽表現の領域を力強く押し拡げるテクノDJ/アーティスト。サウンドそれ自体から導かれる自発的な空気を直観的に捉え、きわめて密度の高いグルーヴを押し出すそのプレイスタイルは常に際立った存在感を示し続けている。[TOREMA RECORDS] [op.disc]でのリリースと並行して2008年秋に立ち上げたオフシュート・レーベル[Sundance]では、よりプライヴェートな作家性を反映したリリースやRicardo Villalobosとのコラボレート作品などを展開。また、[Sundance]2枚目のEP「Fur Elodie」やFrancesco Tristano「Idiosynkrasia」のリミックスなど近作でも窺えるように、そのプロダクションは従来のようにドラムグルーヴへ特化したトラックメイクから、より広範なサウンドのレンジを取り扱う複層的で有機的なアプローチへと変化してきている。まもなく[Sundance]からの新作EP「tofu productions」が届けられる予定。2011年より活動の拠点をドイツ・ベルリンに移し、その意欲的な活動のフィールドは日本からいよいよヨーロッパへ。
INFO : http://www.FumiyaTanaka.com

Rhadoo :
東欧ルーマニア・ブカレスト出身。近年ヨーロッパのシーンを席巻しているDJトリオ[a:rpia:r]の中心人物にして、現場叩き上げの辣腕DJ。[a:rpia:r] soundsystemとしてRaresh、Pedro (aka Petre Inspirescu)と共に展開するB2Bセットは非常に自然な循環性と豊かなグルーヴを生み出し、その驚異的なロングセットはヨーロッパのビッグ・パーティからアンダーグラウンドなパーティまで欠かせない存在となっている。これまで辺境と思われていたルーマニアのシーンにおいて、重要なタレント? Dan Andrei、Praslea、Cezar、Prikuなど ?を輩出するまでに育て上げたのがRhadooをはじめとした[a:rpia:r]の3人とそのパーティであったことはまず間違いない。ベルリンのパーティ・シーンに匹敵する、あるいはそれ以上のタフさを要求されるブカレストのシーンで鍛え上げられたそのプレイスタイルは新旧のハウス/テクノを縦横無尽に織り交ぜつつも非常にミニマルで豊かなグルーヴを生み出す。現在はレーベルに発展した[a:rpia:r]においてRhadoo自身もトラック制作にも取り組み、Rhadooは[Cadenza]からもダブルパックEPをリリースしたほか、VeraやMIchal Ho、NoiDoiなどのリミックスも手掛けている。待望のCHAOS初登場。
INFO : http://www.arpiar.ro
http://www.ourown.ro

Portable: ポータブル
本名Alan Abrahams。南アフリカ共和国出身。ロンドンやリスボンでの活動を経て現在はベルリン在住。PortableとBodycode、ふたつの名義での活動をフルタイムで並行させながら、自身のアフリカン・ルーツを軸に初期シカゴ・ハウス、ニューウェーブなど多様な音楽的要素を奇妙に混在させた色彩豊かな作品群を創り出すアーティスト。'00年代初頭の[Context]、[Background]といったレーベル群の動きと呼応しながら'02年にはパートナーのLeratoと共に自身の作品を発表するプラットフォームとしてロンドンにて[Sud Electronic]をスタート。'06年に開始したダンス・オリエンティッドなプロジェクトBodycodeは主に[Spectral]からリリースし、Portable名義としては[Sud Electronic]を中心に[~scape]や[Karat]、[Musik Krause]など様々なレーベル群から作品をリリース。なかでも'07年に[Sud Electronic]からリリースしたアルバム『Powers Of Ten』がZipに絶賛されたことをきっかけに[Perlon]からのリリースも開始。2011年11月には[Perlon]から自身にとっての通算5作目フルアルバム『Into Infinity』がリリースされたばかり。
INFO : http://www.sudelectronic.com

------------------------------
Eleven
B1F/B2F Thesaurus Nishiazabu
1-10-11 Nishiazabu, Minato-ku, Tokyo
106-0031 Japan
Tel:03-5775-6206
Eleven : http://go-to-eleven.com/
14:55 | Party 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。